トップ

ベイザーで美尻に

お尻がたるむ原因とは

たるみが気になる部分1位はお尻

いつもはなかなか見る機会がない自分のバックスタイル。
20代のころまでは、全身にハリがあって、そのスタイルはずっと変わっていないと疑わずに過ごしていても、30代に突入すると、急激にボディラインに変化が表れてきます。
中でも見た目に大きく変わるのがお尻のライン。体の中でたるみが気になる部分第1位は「お尻」だというアンケート結果もあります。

お尻のたるみをベイザーで解決する為のサイトならこちらをご覧ください。

急に太ったわけでもないのに、なんだかお尻が急に大きく見えるようになったと感じた事はありませんか。まずはお尻の大きさで判断せず、ヒップがきゅっと引きあがっているかどうかを確認することが大切です。

お尻が下がって大きく見える原因の一つは、加齢による筋力の低下です。重力に勝てずに、下向きに引っ張られるように下がってしまい、臀部の筋肉を鍛える機会がないまま過ごしていると、どんどんお尻が垂れてしまいます。ただ重力が全ての垂れ尻の原因ではありません。筋力が衰えてくると、お尻の脂肪を支える力が弱まり、お尻が揺れやすくなります。この揺れそのものが、お尻を下向きに垂れさせる原因にもなるのです。

また、締めつけの強いショーツや、小さなショーツを毎日長時間履いていると、血行が悪くなってしまいます。リンパの流れも滞ってしまうので、老廃物が溜まりお尻が硬くなってきて、これがセルライトの元となります。

仕事で長時間いすに座りっぱなしの姿勢が多い人は、お尻をつぶしている時間が長くなります。この場合も血流が悪くなって、合わないショーツと同じようにお尻の形が悪くなりやすいです。立ち姿勢が猫背の人や、足を組む癖がある人も、楽な体勢を取ろうとして体に緊張感が無くなるので、程良い筋肉の刺激も得られず、どんどん垂れてしまいます。

Copyright © お尻がたるむ原因とは. All rights reserved.